がんばらない介護ロゴ
ナビゲーション・バーをとばす
お知らせ
がんばらない介護生活とは
がんばらない介護生活5原則
がんばらない介護生活チェックシート
専門家からのメッセージ
介護に役立つ情報源へ
がんばらない介護生活を考える会について
プライバシーについての考え方
介護の日これまでの活動
がんばらない介護.comは「がんばらない介護生活を考える会」の公式サイトです
介護する側にも、される側にもやさしい、新しい介護の考え方

がんばらない介護生活とは

がんばらない介護生活のための排泄ケアチェック
チェック 診断とアドバイス

一人でがんばりすぎていませんか?

イラストお家で高齢者の介護をすることはとても大変なことです。家族の世話もあるのですから、あなたの負担は自分で感じている以上かもしれません。なにもかも一人で抱え込んでがんばりすぎてしまうと、精神的にも肉体的にも辛くなってきます。あなたの眉間にシワが寄っていては、ケアされる側も辛くなってしまいますね。

食事時間が多少ずれても、1日2食でもあまり気にしすぎないでください。介護の食事はこうあるべき、と考えず、気持ちにゆとりを持って、笑顔でできる範囲でおこなうといいでしょう。


代わりになるものを上手に利用

すべて手作りするのが愛情という考えにとらわれず、市販の加工食品や介護食の宅配サービスなどを上手に利用しましょう。加工食品はドラッグストア、通信販売、介護ショップなどで簡単に手に入りますので、試してみるのもよいでしょう。

食事がとれなかった、また食欲がないような時は、おやつも重要な補食です。上手にとりいれましょう。

必要な栄養素の量やカロリー、水分量などを、食事の度にチェックするのは大変です。水分量は、コップ1杯○ccを目安に、それを何杯飲んだかなどで、目安にしましょう。それぞれ1日のトータル量でチェックすれば大丈夫です。

がんばりすぎないポイント
  • 市販の加工食品を上手に利用しましょう
  • 食事でとれなかった栄養は間食で補いましょう
  • 食事時間や回数にこだわりすぎないようにしましょう


 次のチェックへ


リンク チェックシートトップへ



トップページへ